« シルクの思い出4 | トップページ | シルクの思い出6 »

2007年10月11日 (木)

シルクの思い出5

200702162bety シルクで楽しかったことといえば、やっぱ、おいらの場合、いちばんは、人との出会いかなぁ~(*^▽^*)v

すっごいお世話になった人といえば、

軍鶏時代からのマスターの、ジョーさん、tyeiさん。。。

ジョーさんのことは、マスターってこともあって、当時、すっごいレベル差もあっておいら、尊敬してたし、200611203

tyeiさんは、みんなから「あんちゃん」って呼ばれてて、ほんと、まじで、おにいちゃん、って感じの人で、やさしかった^^

メンバーでは、ギルドにさそってくれたちおさん、もうINしてくれるだけで、チャットが花が咲いたみたく盛り上がるbetyさん^^

いつも冗談ばっかり言ってるけど、なにかあるとものすごくホンキで心配してくれて・・・・おいらbetyさんには、すっかり甘えっぱなしだったのら^^v

20060319honey Honeyとは、いっぱい遊んだなーw

いちど長安でPvPしたときに、ハルト譲りのタゲ外しって技を披露されて、おいら、コテコテにやられちゃったね(⌒▽⌒)アハハ!

☆りん☆ちゃん、れい。ちゃん、姜伯約さんと4人で、午前4時ごろまで、露天チャットで、大騒ぎしたこともあったっけw

れい。ちゃん、元気かな~~^^

ROHANで、鯖でいちばんのギルドになったって^^

でも、いっぱい悩みもあって、一緒に写真撮ったら、れい。ちゃんのお顔が、泣き顔になってて^^

シルクって不思議なんだよね~~200612053

おなじキャラなのに、そんときの気分で、写真撮ると、微妙に写真に表情があるのら^^

ミコさんとも、いろんなお話したなぁ~~^^

ときどき、おいらが凹んでるときに、ミコさん、すっごい心配してくれて^^;

(→o←)ゞあちゃー、いっぱいいすぎて、書ききれないよ;;;;

また続き書くね~~(o^∇^o)ノ

|

« シルクの思い出4 | トップページ | シルクの思い出6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


向こうにコメントありやとでした。

そういえば…最初にれいどんと話したのは石窟だったかも…「お尻シリーズ」やってた時だわw

なんか懐かしくて自分のシルクのblog読み返してみた。 いろいろやってたね~…

最近MIL/CleoPでたまにINしてみてるんだけど、誰もいなくて…狩りするつもりは全然ないんだけど、「空気」がすきなんだよね~シルクの…


その3ででてきたマント…あれはよく覚えてます。 懐かしい~~…

どこかで日時とか決めて、同窓会でもできればいいかも…まあ難しいかもしれないけど…

投稿: MIL | 2007年10月11日 (木) 16時02分

MIL、(*≧∇≦)ノ ヤッホ♪
コメント、アリガト♪(*'-^)-☆パチン
そーだよ。石窟のお尻シリーズらw
元気してるかな~~??(o^∇^o)ノ
同窓会、いいかもね(∂。-)-☆

投稿: れい | 2007年10月12日 (金) 06時49分

あぁ^^いいことばっか書かれてるぅ^^;照れますなぁ・・・v

投稿: bety | 2007年10月12日 (金) 16時50分

(/(エ)\)キャw

投稿: りるりる | 2007年10月14日 (日) 09時35分

思いだけでも力だけでもダメなのです

思いがあっても力がなければ誰も守れないし

力があっても思いがなければ、何もできない

人もそう・・・支えあって助け合ってがんばれる

れいちゃん、あなたとの思いではうちにとって

かけがえのない宝物です^^

今でもよく覚えてる去年の1月頃金ゴリゾーンで

話したこととか、一昨年の12月にはじめてあった

ころ・・・

夢でれいちゃと一緒に狩りしてることとか結構

あるんだよw

リネでもれいちゃんらしく、元気で楽しくやってね^^

出会いは新たな別れを作り、別れも新たな出会い

の始まりとなる・・・

たとえ新たな出会いの為に別れがあっても、

別れの前にはいくつもの大切な思い出は残る

うちはいつもれいちゃの傍にいるよ^^

p(#^∇°)q ファイトッ

投稿: リン | 2007年10月17日 (水) 00時56分

リンさん、コメントありがとう♪(#^ー°)v
ゴリラゾーンでいっぱいお話したのとか、なつかしいね^^b
あのときの写真とかあるから、すごいはっきり覚えてます^^
てか、たぶん、忘れないかと^^v
これからも、よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゛

投稿: りるりる | 2007年10月17日 (水) 09時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« シルクの思い出4 | トップページ | シルクの思い出6 »